8
3月

婚約指輪って何だろう?相場はどれぐらい?

5d7a2fce2fcfadadbb3e305d8d32bcf8_s

テレビや雑誌などで、キラキラ光る婚約指輪を目にする機会は多く、ひそかに憧れを持っている女性は少なくないと思います。

そこで今回は、大好きな彼女に婚約指輪をプレゼントして喜ばせたい!と思っている男性にむけて、婚約指輪について詳しくご説明したいと思います。

今更聞けない婚約指輪ってなに?

088a5b28a867380e546d45b46c996a6f_s

男性が女性にプロポーズをしたときに、男性が小さな箱をパカッと開けると、そこには光り輝くダイヤモンドの指輪が入っていた…、というような場面を、ドラマなどで目にしたことがあるかもしれません。

その箱の中に入っていた指輪こそが、婚約指輪(エンゲージリング)です。

イギリス王室では婚約の際に、サファイアという青い宝石の婚約指輪を贈ると聞いたことがありますが、日本においてはダイヤモンドの婚約指輪を贈るのが主流です。

ダイヤモンドは、自然界の中で最も硬い物質とされるため傷がつきにくく、永遠に輝き続けます。

日本における、ダイヤモンドの婚約指輪を贈る慣習は、ふたりの愛が永遠に続きますように、という願いが込められてできたものだと言えます。

婚約指輪と結婚指輪の違いは?

婚約指輪と結婚指輪の違いが、よくわからないという男性も多いと思います。

婚約指輪が男性から女性に贈られる指輪ということに対して、結婚指輪(マリッジリング)は結婚後に、男性と女性ふたりそれぞれが、左手の薬指につける指輪のことをいいます。

婚約指輪がダイヤモンドで飾られた華やかなデザインなのに対して、結婚指輪は結婚後に毎日指につけるものであるということで、デザインはシンプルなものが多いです。

結婚式のときに指輪の交換をする儀式がありますが、そのときに使う指輪が結婚指輪です。

みんな知りたい、婚約指輪の平均価格について

婚約指輪のことがわかったから、早速買いに行きたい!と思っても、いくらくらいのものを選べばよいか悩んでしまいますよね。

実際に婚約指輪を購入した人たちにアンケートをとってみると、婚約指輪の平均購入価格は「35.9万円」だったようです。

この金額をどう感じるか人ぞれぞれだと思いますが、人によって結婚するタイミングが異なることもあり、年令によっても多少感じ方にバラつきがあるかもしれません。

実際に、年令別に婚約指輪の相場価格を見てみると、やはり違いがあります。

20代が選んだ婚約指輪価格

20代は「10万円以下」が25%で、次に多い「21~30万円」と「31~40万円」がそれぞれ19%となっているようです。

30代が選んだ婚約指輪価格

30代は「10万円以下」が24%、と「51万円以上」が20%、「21~30万円」がそれぞれ19%で、20代よりも高価格な婚約指輪を選ぶ人も、多くなっているようです。

結婚が決まった喜びとともに贈られる婚約指輪は、女性にとっては幸せの証そのもの、と言えるかもしれません。

一生に一度の結婚なので、少し奮発してもいいでしょうし、普段からずっと身に着けていたいから、日々の生活にもなじむ、控えめなデザインの婚約指輪がいい、と考える女性もいるかもしれません。

彼女の好みも考えながら、最大限の愛を込めて、後悔のない婚約指輪選びをしたいものです。