結婚指輪っていつから身につければいいの?

前回は結婚指輪に掘る刻印のお話しましたが、今回は結婚指輪をどのタイミングでつけるのか、という事に着目したいと思います。

5b918ecc5baf910fc9d9bef9c7b95862_s

そもそも、結婚指輪はどのタイミングからつけるものなの?

婚約指輪、結婚指輪と共につける時期、というのは地味に悩むところですよね。

買ったその日からつけていいのか、結婚式をする場合指輪交換などの儀式の後につけるものなのか、もしくは入籍した日が結婚した日なのだからその日からつけるべきなのか……なかなか難しいものです。

私も結婚指輪をしている身ですが、私の場合は結婚式の指輪交換の後からつけ始めました。

指輪を購入したのは結婚式の半年前で、入籍は結婚式の一か月前。

数多の例にもれず私も結婚指輪をつける時期に悩みましたが、指輪を購入したお店の人に聞いた所、結婚式をするならそのタイミングでつけるのが一般的だ、と教えられたのです。

結婚式の日までは婚約指輪があるのなら婚約指輪をするのが良いとの事。

それに素直に従って、私は購入した結婚指輪を式の当日まで大事にしまっておきました。

周囲の既婚者に尋ねてみたところ、大体は同じ流れで結婚指輪をつけたようです。

ここでポイントなのは「結婚式をするかしないか」で、結婚式を挙げない場合、またはすぐにする予定のない場合は買ったその日か、もしくは入籍した日からつける人が多いようです。

また、上記でも触れた通り、婚約指輪の有無も重要で、婚約指輪がある場合は結婚する日(入籍日、もしくは挙式日)まで婚約指輪をつけて、結婚をしたら結婚指輪に切り替える、という形になるようです。

今は婚約指輪と結婚指輪を切り替えるような真似をせず、二つ重ね付けをする人も増えていて、かくいう私も現在両方付けています。

それを見越したデザインも流行しているので、今は時期に余り拘らなくてもいいのかもしれません。

結婚指輪はいつまでに購入した方がいい?

つけるタイミングもさることながら、購入時期に迷うのも結婚指輪の特徴です。

つけるタイミングと購入するタイミングは連動するものなので、「いつからつけるか」で時期は大分変わってきますよね。

もし「結婚式後につける派」の人であれば、結婚式に間に合うように購入すればいいですし、そうでない派はつける時に合わせて(入籍日等決まっているのなら)購入するのがベストでしょう。

ちなみに結婚指輪は刻印を施すことなどを考えて必要な日の一ヶ月以上前に注文しておく事がポイントです。

特にオーダーメイド品は時間がかかるので早め早めに準備しておく方がいいでしょう。