結婚指輪を付ける指にも意味がある!?

175b2e9b35ab13ade00ac92128064770_s

前回は結婚指輪の全体や男女別、年齢別の価格相場のお話をしましたが、今回は結婚指輪を何故左手の薬指につけるのか、というお話をしたいと思います。

既婚者の象徴とされる結婚指輪。

左手の薬指にきらりと光るプラチナのリング……などと映画や小説の世界ではよく描写されますが、そもそも何故結婚指輪は左手の薬指に嵌めるようになったのでしょうか?その由来について調べてみましょう。

まずは、左右それぞれの指の持つ意味について調べてみました。

左手の指の意味とは?

親指:愛を貫き通す意味を表す

左手の親指は愛を貫き自分の想いを実現できるといわれている。

また、自信を持つことができる効果もあるそうです。

人差指:物事を導く象徴

左手の人差指は進むべき道を切り開くという意味あります。

また、迷いが消え積極的になれる力を与えるそうです。

中指:強調性の象徴

左手の中指は協調性を高める意味を持ちます。

また、仕事の成功や家内安全を願うなども。

薬指:成就の象徴

左手の薬指は二人の愛を深められる意味を持ちます。

また、願いを実現するという意味も。

小指:チャンスの象徴

左手の小指は自分の願いを叶える効果があるといわれています。

また、自分の魅力を引き出す事ができる効果も。

右手の指の意味とは?

親指:信念を貫き通す意味を表す

右手の親指は信念を貫き通す力を与えるといわれています。

また、目的を達成する力を与えてくれます。

人差指:思考力を高められることも

右手の人差指は、集中力や行動力を高められるとか。

また、思慮深い判断力を与えるといわれている。

中指:インスピレーションの象徴

右手の中指は直感や想像力などのインスピレーションが良くなる、魔除けの効果があるといわれています。

また、金運上昇の効果もあります。

薬指:精神的な安定の象徴

右手の薬指は精神的な安定をもたらしてくれる効果があります。

また、本来の自分らしさを出せる力を与える意味もあるそうです。

小指:自分を高められる意味が

右手の小指は、自分らしさや自分の魅力を上げられる効果があると言われています。

表現力豊かになる効果もあるそうです。


結婚指輪は左手の薬指に嵌める物ですよね。

上の話でいえば「二人の愛を深められ、願いを実現する」という意味になります。

これは、結婚という儀式においてもっとも相応しいものではないでしょうか?

他にも諸説ありますが、古代エジプトでは左手薬指の血管が直接心臓と繋がっているという言い伝えがあり(愛の静脈と呼ばれています)、それが元になった説もあります。

以上が結婚指輪が薬指に嵌められるようになった由来です。

もっとも、絶対に薬指に嵌めなければならない、という事ではないので、時には気分転換で違う指にするのも有りですよね。

気持ちが高ぶってしまった時、落ち込んでしまった時など、右手の薬指に指輪をしてみるのもいいかもしれませんね。