不動産担保融資の限度額

不動産担保融資は大きな金額を融資してもらえるという利点があります。

その限度額は金融機関によって独自に決められていますので一概にいくらとは言えません。

会社によって決まった限度額の範囲内で、個人の信用調査や担保となる不動産の評価で決められます。

また、例えば5000万円が限度額だったとして、担保とする不動産の評価が5000万円を超えたとしても、限度額以上の融資は受けられません。

逆に、5000万円の融資を申し込んだとして、担保物件が1000万円程度の評価だった場合は、融資額が減額される可能性があります。

もし支払い不能となった時に担保物件を処分するのですが、それで残債が無くならなかったら困りますよね。

不動産担保融資は、個人の支払い能力や担保物件の評価額などから融資額が決定されるようですから、必ずしも希望額全額借りられるとは限らないのです。