不動産担保融資のデメリット

不動産担保融資にはメリットもありますがデメリットもあります。

デメリットはどのようなものなのか調べてみました。

不動産担保融資は金利が安いということがメリットでありました。

しかし、これがデメリットとなるケースもあるようです。

借りる側にとっては金利が安くて長期間返済できますので月々の負担が軽いのが魅力です。

しかし貸す側は、金利が安いために利益が少なくなります。

それで長期間返済をしてもらうわけです。

そうすればその間利益がずっとあるわけですから。

借りる側にまとまったお金が用意でき、残債を一括支払いすると貸す側からすれば利益がなくなるわけです。

そのため、残債一括払いをする際は結構高額な手数料を取られることがあります。

残債一括支払いをする可能性があるならば、手数料などは支払う必要があるのかないのか確認するようにしましょう。

また、担保にしている不動産の価格が下落した場合、追加で担保を出すように言われることもあるようです。

追加担保も取るか取らないか確認が必要です。