不動産担保融資の申し込みから融資実行まで

不動産担保融資の申し込みから融資実行までの流れをまとめておきましょう。

申し込む金融機関によって多少の違いがあるかもしれませんが、大体は同じような流れです。

まず、金融機関の窓口で申し込みをします。

書類に必要事項を記入し、審査結果を待ちます。

審査は申し込み人の属性はもちろんですが、担保にする不動産の内容も調査がされます。

これらを総合的に判断して融資可か不可かが出されます。

審査OKとなれば、正式に契約となり、必要書類を揃えて融資実行となります。《資料:不動産担保融資の融資までの流れ

クレジットカードの発行や無担保の融資とは違い、不動産担保融資は審査に時間がかかるものです。

ですからお金が必要となれば、早めに申し込みをしておくと慌てることはありません。

スケジュールには余裕を持って、早め早めに行動するようにしましょう。

また、取扱手数料といった手数料が必要なので、その確認もしておきましょう。